ヘアメイクへの道を目指せる|プロのノウハウを一から学ぼう

プロになる夢を叶える

プロを目指す上で必要な事

いつの時代もヘアメイクアーティストは憧れの職業としてとても人気があります。ヘアメイクアーティストになって多くの人をより美しくしたいと考えている人はとても多いです。そして、ヘアメイクアーティストを目指している人の多くが専門学校に通っています。専門学校に通う事で一日ヘアメイクについてとことん勉強する事ができるからです。基礎から応用までしっかり教えているので、初心者でも卒業する時はプロとして通用するようになります。専門学校は昼間だけではありません。仕事をしている人のため夜勉強できる場所もあるので、働きながらヘアメイクの勉強ができます。独立するための資金を貯めながら専門学校に通っている人はとても多いです。ヘアメイクの専門学校は、美容業界との太い繋がりがあります。世界で活躍するプロの技術を間近で見る事やプロと一緒に仕事をする事もできます。プロの技術を目の前で見て色々と参考になるため、仕事に役立つ技術が身につきます。もちろん、専門学校に通う事でヘアメイクアーティストになって就職できる可能性が格段に上がります。専門学校がその人にふさわしい仕事を紹介するので、就職後即活躍できます。専門学校に通うメリットは、同じヘアメイクアーティストを目指している仲間と出会える事です。老若男女問わず色々な人が集まるのでお互いで競い合いながら、刺激しあって学ぶことができます。また、自分にない感性を持っている人が専門学校にはたくさんいます。そのため、より視野が広げられ、今後の仕事に活かすことができるでしょう。

関連資格を取得

ヘアメイクアーティストとは髪型と化粧の専門家のことで、この職には技術さえあれば、基本的には無資格でも就くことができます。しかし技術の証明となる資格があった方が、ヘアメイクアーティストとして信頼されますし、仕事にも恵まれやすいと言えます。仕事が増えれば、経験によってそれだけ技術が向上しますし、顔も広くなります。そしてそれが仕事の機会を、さらに増やすことになるのです。そのためヘアメイクアーティストを目指す人の多くが、通信講座を利用したり専門学校に通ったりすることで、ヘアメイク関連の資格を取得しています。具体的には、メイクアップ技術検定や色彩検定、美容師免許などです。メイクアップ技術検定とは、文字通り化粧技術における検定試験のことで、これには1〜3級までがあります。3級は誰でも受験できますが、2級は3級に、1級は2級に合格しなければ受験できません。そのため1級に合格すると、3級と2級の関門をくぐり抜けてきた化粧のスペシャリストとして、世間に認められることになるのです。同じく色彩検定も、1〜3級に分かれています。やはり1級が最上級とされていて、合格者はヘアカラーやメイクカラーにおける優れたセンスの持ち主として、評価されるようになります。そして美容師免許は、美容系資格の中で最も知名度の高い国家資格です。養成施設で2年以上学習しなければ受験できないのですが、だからこそ取得後は、国から認められた実力者として一目置かれることになるのです。

資格は取るのが良い

ヘアセット

ヘアメイクアーティストになるために美容学校に通ったりしながら勉強していく人は多くいますが、その仕事に就くために資格を取らなければいけないのかといえば、必ずしもそうではありません。資格がなくても、ヘアメイクアーティストとして活動することは可能となっています。しかしもし、ヘアメイク業界で働きたいと考えるのであれば、資格は保有するほうが望ましいといいます。ヘアメイクに関する資格には、日本メイクアップ技能検定試験(JMA)や色彩検定、そのほか着付けにかかわる資格などいろいろとあります。どの資格を取れば良いのかと悩む人もいるかもしれませんが、ブライダル関連の業界で働きたいのであれば着付けに関連する資格は取得するほうが良いですし、スタイリストを目指すのであればスキンケアやメイクアップ法のスキルを持つ証としてJMAは保有するほうが良いかもしれません。つまり就職に有利となるためには、資格は一定の技術を持っている証となるため、持たないよりも持つほうが良いということなのです。ヘアメイクアーティストとなれば、きれいにしてもらえるようにヘアメイクを任せるわけですから、相手を喜ばせられるよう高いスキルを保持しなければなりません。スキルがなく相手に不満を与えてしまえば、ヘアメイクアーティストとしての信頼を得られなくなるので、美容学校でしっかりとスキルを磨き、働きたい就職先に有利となる資格を取ることができるよう勉強していくことが大切です。